theater

2015年5月20日
「頭文字D」原作者、しげの秀一氏のコメントが到着!!

アニメであれ以上のバトルができるのかと思うぐらい良かった。それぞれ車の特性とかバッチリ描きつつも、中里がね。キャラクターが魅力的で凄いカッコよかった。敗者の美学が泣けますね。爽やかだし。最後、中里の「生きててよかったぜ…」にはシビれました。

実はLegend1を見たとき、これ以上は絶対無理だと思ってたんですよ。でも中里とのバトルは充分上乗せで盛り上がってた。熱くて速くて興奮しました。GT-Rの表現が特に良かった。GT-Rのエンブレムの話とか。GT-Rの生まれの由来・血統のようなものもきちんと出ていて、GT-Rという車がちゃんと理解できる。満足です。ぜひ見てほしいですね!

バトルでの車の表現が熱いよね。アニメならではの工夫が凄くいい。タービンの中を空気が通っていってドカーンと爆発したりピストンだけダァーっと動いてたり、原作ではとても描けないアニメならではの表現も良かった。「行け行けー」ってなりますもんね。慎吾とのバトルでもFFっぽい動きしてたし。3車3様の動きがうまく描き分けられてたのがアニメでは新鮮、楽しいなと思いました。無条件にバトルシーンはワクワクする。

キャラクターもちゃんと立ててもらって、目がいいよね。中里の目がドアップでくるとことか、アニメのスタッフが進化してる。生かし切ってる。自分が作ってきた素材を想定外の「わぁ、やっぱ凄いや」と思わせてくれたら幸せ。あんなにカッコいい感じになるとは思わなかった。

「頭文字D」をずっと好きで凄く熱心に読んでくれた人たちに満足してほしい。今回はアニメスタッフが深く深く原作を読み込んでくれて、油断すると気付かないことまでちゃんと掴んでくれてた。原作をこよなく愛してくれる人たちも喜んでくれると思う。今回はそれくらい良かった。感動しました。

©しげの秀一/講談社・2014新劇場版「頭文字D」製作委員会
©しげの秀一/講談社・2015新劇場版「頭文字D」L2製作委員会

2015年5月20日
「頭文字D」原作者、しげの秀一氏のコメントが到着!!

アニメであれ以上のバトルができるのかと思うぐらい良かった。それぞれ車の特性とかバッチリ描きつつも、中里がね。キャラクターが魅力的で凄いカッコよかった。敗者の美学が泣けますね。爽やかだし。最後、中里の「生きててよかったぜ…」にはシビれました。

実はLegend1を見たとき、これ以上は絶対無理だと思ってたんですよ。でも中里とのバトルは充分上乗せで盛り上がってた。熱くて速くて興奮しました。GT-Rの表現が特に良かった。GT-Rのエンブレムの話とか。GT-Rの生まれの由来・血統のようなものもきちんと出ていて、GT-Rという車がちゃんと理解できる。満足です。ぜひ見てほしいですね!

バトルでの車の表現が熱いよね。アニメならではの工夫が凄くいい。タービンの中を空気が通っていってドカーンと爆発したりピストンだけダァーっと動いてたり、原作ではとても描けないアニメならではの表現も良かった。「行け行けー」ってなりますもんね。慎吾とのバトルでもFFっぽい動きしてたし。3車3様の動きがうまく描き分けられてたのがアニメでは新鮮、楽しいなと思いました。無条件にバトルシーンはワクワクする。

キャラクターもちゃんと立ててもらって、目がいいよね。中里の目がドアップでくるとことか、アニメのスタッフが進化してる。生かし切ってる。自分が作ってきた素材を想定外の「わぁ、やっぱ凄いや」と思わせてくれたら幸せ。あんなにカッコいい感じになるとは思わなかった。

「頭文字D」をずっと好きで凄く熱心に読んでくれた人たちに満足してほしい。今回はアニメスタッフが深く深く原作を読み込んでくれて、油断すると気付かないことまでちゃんと掴んでくれてた。原作をこよなく愛してくれる人たちも喜んでくれると思う。今回はそれくらい良かった。感動しました。

<前のページへ戻る