theater
時代遅れのハチロクに乗る高校3年生。赤城レッドサンズの高橋啓介に勝利し、秋名のダウンヒルスペシャリストと呼ばれるが、本人に自覚はなし。ふだんは実家の豆腐屋を手伝いつつ、ガソリンスタンドで友人とともにバイトをしている。走っていないときはボーッとした様子で、傍から見ていて、何を考えているかまったくわからない。しかし、闘走への本能が目覚めつつある。
SPEC
1983年~1987年の4年間にトヨタ自動車から生産、販売されたスプリンタートレノ/カローラレビンの中で、1600CCツインカム16バルブエンジンが搭載されるものだけに与えられた型式が「AE86 (ハチロク)」となる。小型軽量のFR(フロントエンジン・リアドライブ方式)の名車。テスト走行で最高速190㎞/h、国内ラリーでも好成績を収めた実績を持つ。2012年4月にAE86のスピリットを受け継ぐスポーツカー、トヨタ・86が発売された。
スカイラインR32GT-Rに乗る妙義ナイトキッズのリーダー。自身を群馬最速と自負し、赤城レッドサンズの高橋涼介に激しい対抗心を燃やしていた。しかし、秋名で行われたレッドサンズに所属する啓介と拓海のバトルを目の当たりにしてターゲットを切り替える。レッドサンズの前に、拓海を倒すことを決意したのだ。
SPEC
目の覚めるような加速力と圧倒的なパワーを誇る。しかも、スピードを乗せたまま、きちんとコーナーをまわる安定感まで併せ持つ。その圧倒的な実力はまさに「怪物」。中里毅はGT-Rの特性を最大限に活かし、ドリフトをしない、グリップ走行を追求し、拓海とハチロクを苦しませることになる。
高橋涼介の弟で、赤城レッドサンズのメンバー。愛車はFD。冷静沈着な兄とは違い、荒々しく本能に任せた走りを得意とする。赤城レッドサンズのエースで負け知らずを誇っていたが、秋名で拓海に完敗する。悔しい思いをしたが、拓海の実力を素直に認め、自身の腕をさらに磨きリベンジを心に誓っている。
SPEC
開発コードX105。1991年~2002年の11年間にマツダから生産、販売されたロータリーエンジン搭載量産車。RX-7としては2度目のフルモデルチェンジで、車名は販売期間中に「アンフィニ・RX-7」から「マツダ・RX-7」に変更された。「ピュア・スポーツ」をコンセプトに車体の軽量化やエンジンの高出力化を図り、オーストラリアのバサースト12時間耐久レースでは3年連続で優勝するほど持久力に優れた名車。エンジンスペックだけでなく、コーナリング性能でスポーツカーを語る時代の幕開けとなった。
FC-3Sを操る赤城レッドサンズのリーダー。エリート医学生であり、超一流のドライビングテクニックと知識を持つ。公道最速理論を打ち立て、実証しようとしている最中、突如あらわれた拓海とハチロクに並々ならぬ興味を抱く。彼の冴え渡る頭脳がハチロクの秘密を解き明かす。
SPEC
開発コードP747。1985年~1991年の6年間にマツダから生産・販売され、RX-7の最初のフルモデルチェンジ。日本車初の対向4ピストンのアルミキャリパーを採用し、初代と異なるインタークーラー付ターボエンジンを搭載。当時流行していた「4WS感覚」がキャッチコピー。速さを求めるスポーツカーに対し、「スポーツカーとは何か?」という価値観の創造に立ち返り、スポーツカーの新しい存在意義を見出した。
妙義ナイトキッズのナンバー2。下りのスペシャリストで実力は相当なもので、リーダーの中里毅よりも自分のほうが速いと思っている。一方、性格は勝利するためには手段を選ばないダーティというひと言に尽きる。庄司は自らが考案した「ガムテープデスマッチ」で拓海を絡め取ろうとする。
SPEC
ターボと見紛うばかりの速度を持った「VTEC」エンジンを搭載した走り屋にとっては夢のようなマシン。コーナーリングではサスペンションが徐々に路面を捉え、ジワジワっと曲がる特徴を持つ。ダルく見えるが、じつは速い。ネックはなんといっても、ボディ剛性の弱さ。衝撃には弱いから注意が必要だ。
拓海の同級生。小学校からの拓海の親友で同じS高校に通う。拓海と一緒にガソリンスタンドでバイトをしている。走り屋に憧れており、走り屋としての拓海の才能を密かに尊敬している。ムードメーカーでお調子者な一面があり、拓海に相談もなしに勝手に中里からの挑戦を受けてしまうのだが…。
拓海や樹と同学年の県立S高校女子生徒。明るく無邪気な性格で、天然美少女。以前は拓海と同じサッカー部にマネージャーとして所属。とある事件がきっかけで、拓海とは疎遠になっていたが約1年ぶりに仲直りすることに。積極的な一面があり、拓海のことが異性として気になり始めている…。
拓海の父親。藤原とうふ店を営んでいる。頑固者。昔は秋名山最速の走り屋として名を馳せていたが、現在でもその腕は衰えていない。ふかした煙草をいつも咥えており、嫌いなものはとうふと、でかいクルマ。決して口には出さないが、自分のハチロクに乗ることに興味を持ち始めた拓海を、陰ながら支えようとする。中里のGT-Rとのバトルに際しては、拓海を信じてハチロクにチューンナップを施す。
©しげの秀一/講談社・2014新劇場版「頭文字D」製作委員会
©しげの秀一/講談社・2015新劇場版「頭文字D」L2製作委員会